• 九星気学から見る今月の運勢

    2022年1月度 1月5日 - 2月3日

    一白水星 S02,11,20,29,38,47,56,H02,11,20,29 生まれ

    吉方位 : ナシ

    新規開拓は見込があるが中間にちょっとした支障がありそうです。婚姻、就職は吉です。

    二黒土星 T15,S10,19,28,37,46,55,H元,10,19,28 生まれ

    吉方位 : 東北

    迷いが多く決断がつきにくい月です、酒食の散財が起こりそうなので注意しましょう。

    三碧木星 T14,S09,18,27,36,45,54,63,H09,18,27 生まれ

    吉方位 : ナシ

    何事も控えめが良く旅行、移転は控えましょう。古い病に注意しましょう。

    四緑木星 T13,S08,17,26,35,44,53,62,H08,17,26 生まれ

    吉方位 : 西南

    目上との意見の衝突があるので注意しましょう。就職は差し支えない。移転。婚姻は吉方位を選べば吉です。

    五黄土星 T12,S07,16,25,34,43,52,61,H07,16,25 生まれ

    吉方位 : 北・東北

    多少危険と思われることも見込みがあるので進んでするとよい。女性は金銭上の争いがあるので注意しましょう。

    六白金星 S06,15,24,33,42,51,60,H06,15,24,24 生まれ

    吉方位 : 北・南

    目下の男子に関する心配事が起こりそうです。又急に旅行することが起こりそうです。

    七赤金星 S05,14,23,32,41,50,59,H05,14,23 生まれ

    吉方位 : ナシ

    従来の事を一新改革したい気分がうまれそうですが早く着手できることは差し支えないが長い月日が必要なことは見合わせましょう。

    八白土星 S04,13,22,31,40,49,58,H04,13,22,31 生まれ

    吉方位 : 東北

    進むのが難しく、退くのも悩みがあるという時期なので何事も控えめにしましょう。

    九紫火星 S03,12,21,30,39,48,57,H03,12,21,30 生まれ

    吉方位 : 北

    家庭の中に目をむけましょう。年長の女性の意見を大切に。

  • 月間ルーン占い

  • Skype スカイプ鑑定

    スカイプでの鑑定承ります。スカイプをご利用の場合は通話料は無料になります。

    お気軽にご連絡くださいませ。

  • 鑑定予約

    鑑定はお休みいたします。

    その他、ご質問ご要望お問い合わせはこちらから

    ※鑑定希望の方は、希望日3つと電話番号を書いて頂ければスムースです。

    例)第1希望. 〇日〇時 / 第2希望. 〇日〇時

    対面鑑定か電話鑑定か合わせてお知らせください。

     

    ※問い合わせを頂いた後は、通常メールにてお返事させて頂きます。

    もし、返事が届かないという事がありましたら、

    お手数ですがお電話にてご確認頂けますようお願い致します。

    埼玉県春日部市上蛭田67−1
    10時 - 19時
    定休日:不定休
    お気軽にご連絡ください。
すべての投稿
×
×
占い梓(以下「当社」)は、お客様のプライバシー・個人情報及び設定内容などを保護することは、当社が事業活動を行う上での責務と考えています。 

当社ウェブページまたはFAXからのお申込、お問い合わせ、申込書によるお申込、メール・電話によるお問い合わせを問わず、お客様から明示された特定の個人を識別できる情報(以下「個人情報」)について下記のとおり取り扱うものとします。
□個人情報とはお客様を識別できる情報のことで、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどをいいます。
□当社が個人情報を収集する場合は、収集目的を明らかにし、必要な範囲内の個人情報を収集いたします。 
□当社は取得した個人情報について適切な管理に努めると共に個人情報の漏洩、改ざん、不正な侵入の防止に努めます。

当社は取得した個人情報を次の各項の場合を除いて、原則として第三者に提供、開示などいたしません。 
1.法律上照会権限を有する者から書面による正式な協力要請、照会があった場合
2.お客様の同意があった場合

お客様が、ご自身の個人情報について照会、修正などを希望される場合には、当社が定める方法によりお客様であることが確認できた場合に限り対応させていただきます。 

当社は、当社が保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。 

2019年2月1日制定